薮内工務店
雑記

低炭素住宅レベルの断熱工事。

断熱工事の下準備です。空気の流れを意識しながらの施工です。

屋根と断熱材の間に空気層を作ります。この空気層は対流型です。通常のお家のの小屋裏ですね。

対流型なので、水下から水上、屋根の勾配に沿って、熱い空気が流れて、外に排出されます。

断熱に負荷もかからないし、屋根の下地の蒸れも防げます。


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です