薮内工務店
雑記

建て方前。


外部の配管も完了して、建物の柱を支える土台を取り付ける準備中です。建物の位置を基礎に落とし込み、その上に基礎パッキンと言う物を敷き詰めます。これは床下換気口と同じ役割を果たします。つまり床下の湿気を防止するものです。昔の床下換気口は通気にムラがあったり、基礎の強度が落ちたりと問題が多少あったのですが、これは、通気にムラがなくて基礎の強度を下げない優れもの。

 しかし、主流ではありますが、そうでないやり方があります。床下換気口が開閉式であったりするものもあります。

設計士さんによって色々なやり方があり、考え方によります。

多くは、断熱ラインの考え方です。基礎断熱だと、基礎パッキンでは何やってんだかわからなくなりますし。

要は、床下を室内空間と考えるか否かです。

ただ、私は北陸と言う特殊と言われる気候条件などを考慮して、断熱ラインは床で切っていますので、基礎パッキン採用です。

独特な湿気は、やはり怖いです。

ただ、ウチは基礎パッキンは当たり前です。って言うのは気を付けましょう。

すべてに意味はありますから。理解しての施工です。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です